当社はCSRの一環として、下記の行動基準及びプログラムを定め、
コンプライアンス順守を実践しております。

ウエノフードテクノ行動基準(事業活動に関する基本姿勢)

国内・国際社会における企業活動は、下記を基本姿勢とし、全てのステークホルダーとのバランスに配慮すると共に、法令・社規・倫理に基づき健全かつ公正に行うことを旨とします。
ウエノフードテクノの役員及び社員は、

  • (1)お客様第一主義で行動します。
  • (2)良き企業市民としての社会への責任を果たします。
  • (3)国際ルールに適応してビジネスを展開します。
  • (4)地域社会との協調と地球環境の保護を図ります。
  • (5)お互いを尊敬し、認め合います。顧客を取引先を尊敬します。
  • (6)変化を恐れず、新しい課題に積極果敢に挑戦、社会・経済の変化を先取り、あるいは変化を起こしていきます。
  • (7)創意工夫と研究によって得た独自の製品により、独自の道を行きます。

コンプライアンス・プログラム

ウエノフードテクノは経営の最重要課題の一つとしてコンプライアンス(法令遵守)に取り組んでおります。変化の激しいビジネス社会において、今後とも優れて安全な製品・サービスを提供し、また信頼され皆様に選ばれ続ける為に、社員一人一人が高い倫理観(Business Ethics)を持ち、厳しい自己規制を保ってビジネス・シーンで活躍することを目指します。
ウエノフードテクノのコンプライアンス体制の一部をご紹介致します。

経営トップによるコミットメント

コンプライアンス体制徹底の為に『コンプライアンス委員会』を適時開催、トップの所管事項としてのチェック体制を構築しております。

担当部署

コンプライアンス担当部署として総務部があります。コンプライアンス・プログラムの導入によりコンプライアンス重視の経営の推進を図っております。

コンプライアンス・プログラムの社内展開

  • コンプライアンス・マニュアル(経営及び業務上の判断、行動の拠り所とする基本的な考え方を示した倫理綱領)の社内周知徹底。
  • プログラム導入後の問題対処は下記の二本立てで対応、研修や講習会も実施。
    • (a) 重要案件は順次総務部で研究・検討し社内展開。
    • (b) 各職場において「懸案事項」「問題案件」を都度総務部に連絡、連携して解決。必要に応じて関連部署へ水平展開。